【案内人ブログ】No.2(2017年5月)

案内人ブログ第2号を担当する森敏雄です。

今回は、私たちが企画し、4月25日に実施したフットパスを取り上げてみたいと思います。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

綾子さんがご存命であれば、この日は95回目の誕生日にあたります。天候は今季一番の晴天、微風ありの絶好のフットパス日和でした。参加者は埼玉県から来館されたご夫妻のほか、地元旭川市民や三浦文学案内人など、総勢13名でした。

最初は、文学館(1階部分)の見学です。ここでは、案内人が、男女交互にミニガイドをしました。女性案内人は、なんとこの日が誕生日!というサプライズ付きです。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

次に見本林の入口から美瑛川河畔を往復します。ここでも、案内人による見本林案内プレート解説を、行いました。広場の木の切り株を見ると、いっとき『氷点』の主人公「陽子」の心情を追体験することができます。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

その後、街中へ向かいます。

コースの主なポイントは以下の6点です。

①徹や陽子が通学した神楽小学校
②学会出席の啓三を見送り洞爺保養所帰りの村井を迎えた旭川駅
③啓三が聖書を買い求めた冨貴堂本店跡
④光世が『氷点』というタイトルを思いついた4-8バス停
⑤三浦夫妻が通い、結婚式を挙げた六条教会
⑥綾子の実家・堀田家跡地

最後は、『氷点』に登場する珈琲亭ちろるでコーヒータイムがあり、4時間余りのイベントを無事、終了することができました。

参加者の感想としては、「普段歩くことがないので結構しんどい」「案内人によってガイドの着眼が異なるので勉強になった」「案内人として知識をより深めることができた」などという声がきかれました。参加された皆さま、大変お疲れさまでした!

「三浦文学3つの道」の内、「氷点の道」は、三浦文学を代表するコースです。
北海道第二の都市旭川は、買物公園や旭山動物園で有名になりましたが、三浦綾子記念文学館の見学をはじめ、「氷点の道」を歩いてみたい、というようなファンが増える事も強く願っております。
私たちと一緒にフットパス「氷点の道」(全長=8km)を歩いてみませんか?

Share