【案内人ブログ】No.7(2017年10月)

光世さんとのおもいで

2017年10月5日 三浦文学案内人 山谷 京子

久しぶりの散歩!!

朝夕めっきり冷えてきた。

ここは見本林!

膝に良いチップが敷き詰められている道。心地よい香りを楽しむ。

両脇には、ストローブ松に巻き付いているツルアジサイ。6月に白い花が咲いていたのを思い出す。

私は、生前の綾子さんには逢ったことはなく、光世さんとは1ヶ月に一度、講演時に手話通訳をさせてもらった。

実は、綾子さんと光世さんと私は同じ4月生まれだ。不思議な縁である。

生前の光世さんに、いつも頂いた言葉が二つある。

「最低でも5冊読んでほしい。」
(→『氷点』、『塩狩峠』『道ありき』『母』『銃口』)

又、

「愛は人の徳を高める」

という言葉だ。

これは私に下さったというよりも、この記念館が、「バリアフリーである」「案内人がいる」「人にやさしい」ということ。

愛がつまっているから、満たされているところなのである。

光世さんと顔を合わせると、

「京子さんは将棋を打ちますか?」

と、聞かれ、

「並べることはできますよ。」

と、いつもそのような会話をしたのを、懐かしく思い出す。

実は、私の義父と光世さんは将棋仲間。
今は義父も他界しているので、今頃は天国で指しているであろう。

光世さんと一緒に誕生会をしたかった!
光世さんのように、愛を持てる人間になれるように成長したい。

今年も綾子祭(毎年 10/6~10/12)が開催されている。
楽しみに参加したい!

10.12 墓参より
Share