【案内人ブログ】No.18(2018年9月)

出会いが楽しい

  

今年4月から案内人になりました、若葉マークの案内人です。

3年間、森下辰衛先生の講義を受け出席日数だけで受かりました。案内をする覚悟を決めてから、綾子さんの誕生日、命日など必死に覚えました。現在、仕事もしているので月1回くらいしかできませんが、お盆休みの時、沢山の来館者にお会いしました。

その中に「愛知県から来ました」と言う男性がいらっしゃったのです。「『海嶺』の知多半島に去年行ってきました」と言うと、「本に出てくる者の子孫です」とのこと……!

音吉の妹「さと」の関係者でした。案内人をするようになって、日本全国、韓国、中国からも来て頂いていることに、改めて三浦綾子さんの偉大さを感じました。

by三浦文学案内人 藤田眞智子

 

★『海嶺』  1978年10月~1980年10月 週刊朝日連載、1981年4月 朝日新聞社より刊行。現在は、角川文庫 上・中・下で販売中
江戸後期、遭難した漁師・音吉たちは奇跡的に北アメリカに漂着するが、マカハ族に捕らえられ、奴隷にされてしまう。逆境の中、諦めることなく、希望を持って生き抜く男たちを描いた感動の時代巨編。
綾子は連載終盤に帯状疱疹(ヘルペス)にかかり、1980年4月入院し、5月30日~8月15日まで休載した。