【案内人ブログ】No.5(2017年8月)

三浦隆一さん(三浦文学案内人)
三浦隆一さん(三浦文学案内人)

「三浦文学案内人」の館外研修について

2017年8月9日 三浦文学案内人 三浦隆一

 

2017年7月31日に、案内人の実地研修が行われました。

朝、見本林の駐車場でカワラヒワが「チチチ」と鳴いていました。
旭川市内ではよく見かける鳥ですが、見本林ではあまり見かけません。
この日は、あいにくの雨模様でしたが、カワラヒワのおかげで良いのようにも思えます。

念願の上富良野方面の実地研修の日。
終日、雨でしたが、テーマを決めて回る実地研修は初めてでした。

9時40分。
予定通り、文学館を出発し、深山峠を過ぎて、「土の館」で館長の話に聞き入る。

「キャラウェイ」で昼食をとる。
(「オムカレー」を頼み……大当たり!!)
と、突然、森下先生から、
「『泥流地帯』の中で一番好きな場面はどこですか?」
という質問。
一人一人答えていく中で、私は、
「吉田村長の弔辞の場面です」
と、答えました。

その後、門人の小さなお寺にある「十勝岳爆発記念碑」を見学。

次に、「上富良野町開拓記念館」。ここは、吉田村長の公宅だった建物を移築したもので、その中で十勝岳爆発を記録した動画を見、ナレーションの秀逸さに感心しました。
開拓記念館にて(上富良野町)
開拓記念館にて(上富良野町)
『泥流地帯』文学碑(上富良野町)
『泥流地帯』文学碑(上富良野町)

その次には、「上富良野町郷土館」を休館日にお願いして見せてもらい、ここでも生々しい記録動画を見ました。遺品等も含め、ぜひ一度ご覧いただきたいと思います。

日本は、災害の絶えない国です。十勝岳も、判っているだけで5回の噴火があり、『泥流地帯』に書かれた「大正噴火」では、144名の犠牲者を出しました。
『続 泥流地帯』に書かれる吉田村長の弔辞は、次のようにはじまります。

「大正十五年五月二十四日、午後四時、十勝山嶺猛威をふるいて、本村開拓の功労者百三十七名を奪い、田畑その他の損害無慮三百万を算するの一大惨害を呈するに至れり。天変地異まことに測地するを得ずと雖も、何すれぞそれ悲痛の極みなる。只々天を仰いで浩歎せざるを得ざるなり」

この弔辞は、長友学芸員によれば、郷土館に保管されていたものであり、綾子さんが創作したものではないとのこと。
自身も母親を泥流で失くした村長の弔辞は、災害後の葬儀に列席しているように、綾子さんの文章によって引き込まれます。

研修旅行は、「十勝岳爆発記念碑駐車場公園」に。
泥流で運ばれた巨大な台形状の石が設置されています。
田畑の中にあった巨石を移設し、駐車場公園としたとのこと。

最後の研修地は、日新尋常小学校跡を見学。
墓標のように立つ、「日新小学校跡」と標された柱のような木が、
その跡地を示すのみで、辺りは自然に戻ろうとしていました。

十勝岳の爆発による逆境を克服したっからこそ、今日の上富良野町があるということを感じさせる研修旅行でした。

【案内人ブログ】No.4(2017年7月)

山崎健一さん(三浦文学案内人)
山崎健一さん(三浦文学案内人)

 

 

「続氷点」の燃える流氷について

2017年7月5日 三浦文学案内人山崎健一

私はある用事があって網走に行くことになった。網走に行き、この際三浦綾子さんの小説「続氷点」の終章「燃える流氷」についてよく知りたいと思った。

たしか、綾子さんと夫の光世さんは、網走に流氷がやってくる時期を見はからって、取材旅行に行ったはずだ。市の観光課に電話し、流氷がやってきたのを確認し、昭和45年4月4日に夫妻は旭川駅から汽車で4時間余かけ、午後2時すぎ網走に到着。早速海岸にタクシーで駆けつけ、くもった空の下に、流氷が幾重にも海岸から沖の方へと連なっていたのを瞠目した。ホテルに着いたあとも、窓にしがみつくようにして流氷を眺めつづけていたとある。*1

流氷は本当に燃えるのだろうか。私は車を走らせ、綾子さん夫妻が探った所をまわってみようと思った。

まず、天都山のオホーツク流氷館に行き、展示室の流氷の部屋で流氷体験をし、展望台からオホーツク海、濤沸湖、斜里岳や知床連山の絶景を眺めた。

次に行った市立図書館では、流氷に関する本を数冊紹介された。資料室には、燃える流氷に関する資料はなく、学芸員がいる紋別市の流氷科学センターを紹介された。

網走駅前の道を海岸に向かって行くと、道の駅「流氷街道 網走」があり、その中に観光案内所があった。

案内人の女性が、パソコンのホームページを開いて、燃える流氷の写真をコピーしてくれた。そして、海岸線に接岸する流氷が見える高台の台町に向かう道筋を教えてくれた。もちろん6月の今は、流氷は見えないが、

私は網走市内案内図を見ながら、高台から広大なオホーツク海を見て台町から下り、能取岬方面に向かった。綾子さんと光世さんが泊まったというオホーツク水族館の隣りの海が見える宿は「渚亭」と言ったが、今はもう閉館になった水族館と共になくなっていた。私は渚亭のあった場所の前の砂浜に出てオホーツク海をみた。

その後、海岸に沿った道を、北浜、濤沸湖の方にオホーツク海、知床連山や斜里岳を見ながら車を走らせた。この海岸沿いの道は幼い子を連れた夫婦や若いカップルなどの車が行き交っていた。斜里岳は恋人の北原が陽子に語って聞かせた、母の眠るふるさとの千島を望んで北原が何度も登ったという山である。

陽子は、北原の、「網走の流氷でも一人で見にいっていらっしゃい、自然の厳しさと対決したら、感傷なんか吹っ飛びますよ」という言葉に後押しされて、網走に来たのだった。

さらに小説「続氷点」は、次のように描いている。

〈流氷の上の空が、ひとところばら色にあかねしている。陽子はじっと目を向けていた。ゴメが2、3羽、氷原に触れんばかりに低く飛んで行く〉

〈雲のひととこをばら色にそめていた淡いあかねもいつしか消えた。と、光が一筋、流氷の原に投げかけられた。サモンピンクの細い帯が、氷原を染めた。夕光は、宿の裏山のほうからさしているようだった。

ゴメの数がふえてきた。猫に似た鳴声を立てながら、宿の右手双子岩のあたりに群れている。サモンピンクの光は間もなく消えた。再び蒼ざめた流氷が、目の前にあった。流氷の色が、次第に灰色に変わって行く。

この灰色一色の氷原が、人生の真の姿かも知れない。そう思って、陽子は椅子から立ち上がろうとした。すると再び、すうっとサモンピンクの光が、流氷の原を一筋淡く染めた。

次の瞬間だった。突如、ぽとりと血を滴らせたような真紅に流氷の一点が滲んだ。あるいは、氷原の底から、真紅の血が滲み出たといってよかった。それは、あまりにも思いがけない情景だった。

誰が、流氷が真紅に染まると想像し得たであろう〉

〈やがて、その紅の色は、ぽとり、ぽとりと、サモンピンクに染められた氷原の上に、右から左へと同じ間隔を置いてふえて行く。と、その血にも似た紅が、火焔のようにめらめらと燃えはじめた。

(流氷が!流氷が燃える!)

人間の意表をつく自然の姿に、陽子は目を見はらずにはいられなかった。墓原のように蒼ざめた氷原が、野火のように燃え立とうとは)

〈流氷が燃えるのを見た時、陽子の内部にも、突如、燃える流氷に呼応するような変化が起こった〉そして陽子は、

〈自分がこの世で最も罪深いと心から感じた時、ふしぎな安らかさを与えられ〉〈おかあさん!ごめんなさいと呼びかけるような思い〉になった。

*2

 

光世さんは、

「ラストの流氷が血の滴りのようになったり、焔のようにゆらめく情景は、確かに容易に信じ難い事象ではあったが、私たち二人でまちがいなく目撃した事実である」

という。

*1

 

私は、図書館で紹介された、菊地慶一さんの著書「流氷」を読んでみた。網走に住いを定めて流氷観察をしてきた菊地慶一さんは、蜃気楼やお化け水という幻氷は見たが、燃える流氷に遭遇したことはないと書いている。

*3

また、私が今回訪ねたところは、どこでも、燃える流氷を目撃したという話は聞かなかった。本当に流氷が燃えるのだろうか。容易には信じがたい事象ではあるが、綾子さんと光世さんはおよそ1週間をかけて取材をしている。その時間だけを比べても、数時間だけの私が見聞きして得たものはあまりに少ない。

綾子さん光世さんご夫妻の取材から既に40年以上経った今、当時あったものが変わったりなくなったり、また地球の温暖化が進み海が凍るのが年々遅くなり将来オホーツク海の流氷が消滅するかもしれないと言われたりもしているが、ここは「流氷が燃えるかどうか」早急に結論を出さずにじっくり見ていくべきであろうか。

 

1 三浦光世「三浦綾子創作秘話」(「続氷点-人間にとっての「ゆるし」とは」小学館文庫

2 三浦綾子「続氷点(下)」(角川文庫)

主人公 辻口陽子 北原邦雄 陽子の恋人

3 菊地慶一「流氷 白いオホーツクからの伝言」(2004年 響文社)

蜃気楼・幻氷は光の異常屈折現象である。

「退去した流氷が沖合の海上で溶けはじめ、海の表面を冷たい水がおおう。ところが陸上付近は気温が上がる。すると海上にだけ冷たい空気のかたまりができレンズ状になる。そこに光が異常に屈折して、沖合にある流氷を大きく変形させて見せる。今では蜃気楼といわず、幻氷と呼ばれるようになった」という。

 

 

 

【案内人ブログ】No.3(2017年6月)

案内人の近藤さん
案内人の近藤さん

ブログ第3号担当の近藤弘子です。
今回はミニシアターを紹介します。

今年の4月から来年の3月までは、毎月の第3金曜コンサートから続く土曜日日曜日
に、11時と14時の2回、計51回の公演があります。
文学館職員が解説し、朗読は、朗読友の会「綾の会」のメンバーと、三浦文学案内人がタッグを組み、
そして、画像、音楽………と、中央ホールで ライブ案内&朗読が行われるのです!

5月21日(日)は、案内人の森さんが男性、私が女性の朗読部分を担当しましたが、お客様から、

「本を読むだけと違って、いいですね」

と、嬉しい感想!

また、

「息がピッタリ。ご夫婦ですか?」

とのお言葉も。
(森さんの奥様、ごめんなさい m(^^;)m )

私は朗読の経験がないので、口を大きく開け、大きな声で、気分は舞台女優(?!)になったつもりでしています。
朗読担当が大勢いますので、人によって印象も違い、新鮮だと思います。

『道ありき』『泥流地帯』『塩狩峠』『細川ガラシャ夫人』と、人気の作品ばかりです。上映時間は、各およそ30分。
入館料のみで観ることができます!!!

ミニシアター・2017年6月公演
ミニシアター・2017年6月公演
ミニシアター2017 予定表
ミニシアター2017 予定表

ミニシアター2017 予定表のPDFファイルは、こちらからどうぞ。

旭川の6月7月は、本当にさわやかです。
ツルアジサイ等のお花も見ることができます。
ですので、私のおススメは………

  1. 天気が良ければ見本林を探索。
  2. 1回目のミニシアター
  3. 館内をゆっくり鑑賞。(朗読していた案内人の案内がつく場合も?!)
  4. 喫茶でピザとコーヒーで一服。(楽しいおしゃべり付き)
  5. 2回目のミニシアター

「三浦綾子記念文学館 満喫コース」いかがでしょうか?
綾子さんの作品を、まだ読んだことのない方に
「ぜひ!!」観ていただきたいと思っております。

ミニシアター
ミニシアター

見本林の花ごよみ(2017年6月7日)

見本林のツルアジサイ、少しずつ、少しずつ開き始めました。

ツルアジサイ(旭川・外国樹種見本林)
ツルアジサイ(旭川・外国樹種見本林)

先日ご紹介した、紫と白のオダマキに加えて、赤紫(えんじ?)のオダマキも開花。

オダマキの花(旭川・外国樹種見本林)
オダマキの花(旭川・外国樹種見本林)

素敵ですね。

昨日は見本林の道に木材チップ敷もおこなわれ、歩きやすくなりました。

見本林の写真を撮っておられる方、ぜひ見せていただけないでしょうか。このブログでご紹介できればと思います。

余談ですが、先日、館長室で打ち合わせをしておりましたら、窓の外をキタキツネがゆっくり歩いていきました。普段はエゾリスの姿がほとんどで、キツネは珍しいですね。餌探しだったのでしょうか。

では、また。(難波真実)

見本林の花ごよみ(2017年6月2日)

見本林で、おだまきの花が咲き始めました。

おだまきの花(旭川・外国樹種見本林)
おだまきの花(旭川・外国樹種見本林)
おだまきの花(旭川・外国樹種見本林)
おだまきの花(旭川・外国樹種見本林)

三浦綾子も愛した花で、文学館のボランティアの会の名前にも使われています。

つるあじさいは、ぽつぽつと開き始めました。まもなくですね。

つるあじさい(旭川・外国樹種見本林)
つるあじさい(旭川・外国樹種見本林)

木々や花々が美しい見本林へ、ぜひいらしてください。

2017.6.2 (難波真実)

【イベントの予定】三浦文学でフットパス2017(2017年8月26日・27日)

三浦文学でフットパス2017(案内おもて)
三浦文学でフットパス2017(案内おもて)

お待たせいたしました!!!

「三浦文学でフットパス2017」の募集要項を発表いたします!

三浦綾子の代表的な小説『泥流地帯』(上富良野町)、『氷点』(旭川市)、『塩狩峠』(和寒町)の舞台をフットパスで巡る1泊2日の旅。それぞれのゆかりの地を、解説を交えながらご案内します。夜は交流会も。“健康ウォーク”として、あるいは“文学散歩”として、お楽しみいただけます。

ごいっしょに歩きましょう!

参加お申し込みは、こちら(旭川まるうんトラベル受付窓口)へ、どうぞ。

お問い合わせは、下記のSNSでも受け付けております。

facebook  https://www.facebook.com/hyoutenLM/

Twitter https://twitter.com/hyouten1964

LINE  https://page.line.me/hyouten

(難波真実)

三浦文学でフットパス2017(案内うら)
三浦文学でフットパス2017(案内うら)

 

【案内人ブログ】No.2(2017年5月)

案内人ブログ第2号を担当する森敏雄です。

今回は、私たちが企画し、4月25日に実施したフットパスを取り上げてみたいと思います。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

綾子さんがご存命であれば、この日は95回目の誕生日にあたります。天候は今季一番の晴天、微風ありの絶好のフットパス日和でした。参加者は埼玉県から来館されたご夫妻のほか、地元旭川市民や三浦文学案内人など、総勢13名でした。

最初は、文学館(1階部分)の見学です。ここでは、案内人が、男女交互にミニガイドをしました。女性案内人は、なんとこの日が誕生日!というサプライズ付きです。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

次に見本林の入口から美瑛川河畔を往復します。ここでも、案内人による見本林案内プレート解説を、行いました。広場の木の切り株を見ると、いっとき『氷点』の主人公「陽子」の心情を追体験することができます。

2017年4月25日フットパス
2017年4月25日フットパス

その後、街中へ向かいます。

コースの主なポイントは以下の6点です。

①徹や陽子が通学した神楽小学校
②学会出席の啓三を見送り洞爺保養所帰りの村井を迎えた旭川駅
③啓三が聖書を買い求めた冨貴堂本店跡
④光世が『氷点』というタイトルを思いついた4-8バス停
⑤三浦夫妻が通い、結婚式を挙げた六条教会
⑥綾子の実家・堀田家跡地

最後は、『氷点』に登場する珈琲亭ちろるでコーヒータイムがあり、4時間余りのイベントを無事、終了することができました。

参加者の感想としては、「普段歩くことがないので結構しんどい」「案内人によってガイドの着眼が異なるので勉強になった」「案内人として知識をより深めることができた」などという声がきかれました。参加された皆さま、大変お疲れさまでした!

「三浦文学3つの道」の内、「氷点の道」は、三浦文学を代表するコースです。
北海道第二の都市旭川は、買物公園や旭山動物園で有名になりましたが、三浦綾子記念文学館の見学をはじめ、「氷点の道」を歩いてみたい、というようなファンが増える事も強く願っております。
私たちと一緒にフットパス「氷点の道」(全長=8km)を歩いてみませんか?

【イベントの予定】ミニシアター(2017年4月)

ミニシアター 4月のご案内
ミニシアター 4月のご案内

ミニシアターの予定をお知らせいたします。

PDFファイルは、こちらからどうぞ。(theater_20170416.pdf)

「ミニシアター」とは、解説・朗読・画像・音楽で構成する、約30分の公演です。

ライブならではの世界をお楽しみください♪

最新情報は、以下のSNSでも発信しております。

facebook  https://www.facebook.com/hyoutenLM/

Twitter https://twitter.com/hyouten1964

LINE  https://line.me/R/ti/p/%40egx9582a

(難波真実)

【イベントの予定】コンサートの予定(2018年3月まで)

コンサートの予定(2017年4月14日現在)
コンサートの予定(2017年4月14日現在)

コンサートの予定をお知らせいたします。

PDFファイルは、こちらからどうぞ。(concert_calendar_20170414.pdf)

多彩なラインナップですので、どうぞ聴きにおいでください。お待ちしております。

最新情報は、以下のSNSでも発信しております。

facebook  https://www.facebook.com/hyoutenLM/

Twitter https://twitter.com/hyouten1964

LINE  https://line.me/R/ti/p/%40egx9582a

(難波真実)

Facebookページより [ 2017年4月8日 ]

Facebookページより [ 2017年4月8日 ]

本日より、10月29日までの開催です。
映画「母」コラボレーション展。

山田監督の愛用の品をお借りし、展示しています。
メガホンに書かれた文字が、本物であることを実感させてくれます。
文字を見て、ぜひニヤリとして下さい

脚本を見ることもできます
どうぞよろしくお願いいたします🙇

さて。
1枚、あれ?という写真。
展示の際の必須、鉄製定規。
竹刀のように持ち運ぶので、思わずポーズをとってみてもらいました。
と、言う訳で、立派な凶器なので、慎重に持ちはこんでおります🙇🙇

ぜひお越しください

(江川 彩)