感想ノート(4) 2020年6月13日

終戦75年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ」感想ノート

2020年6月11日 Aさん

田中綾館長の『非国民文学論』の中で、「明石海人」という人物を初めて知りました。
私の苗字が同じなので、何かつながりがあるのかなと思いつつも、もしかして私のルーツが同じかもしれないとひそかに期待しているところです。
裕仁親王(昭和天皇)と同じ年に生を受けたとは大いにおどろいています。
明石海人がハンセン病療養者としてどんな扱いを受けたかは、歴史が物語っています。
おそらく当時「非国民」の扱いを受けたと容易に想像できます。
兵役の義務を拒まれたハンセン病療養者がどれだけ生きづらかったのか、再び戦争の道を歩んでほしくないと強く感じています。

終戦75年企画展「アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ」

おトクな入館券

三浦綾子『銃口』文庫本

三浦綾子『青い棘』文庫本

企画展 記念ブックジャケット

小冊子『アノ日、空ノ下デ君ハ何ヲ想フ』

田中綾『非国民文学論』単行本

関連記事

  1. 感想シール(6)

  2. 感想シール(9)

  3. 感想ノート(11) 2020年7月16日

  4. 感想ノート(12) 2020年8月11日

  5. 感想ノート(8) 2020年7月11日

  6. 感想シール(2)