ツルアジサイとストローブ松

毎年6月になると、見本林のストローブ松にツルアジサイが花を咲かせます。
ツルアジサイって、あまり聞き馴染みがないかもしれませんね。
本州では、少し標高の高い場所でないとお目にかかれないそうです。
ここ旭川では、街中にもかかわらずツルアジサイが生息し、特に見本林では背の高いストローブ松にからまって勢力を伸ばしています。
紫陽花の仲間だそうですが、いわゆるガクアジサイのような雰囲気ですね。
白い花弁がかわいらしいです。
時期の後半になると、種のようなものが(白くて小さい)たくさん降ってきて、アプローチを埋め尽くしてしまうほどです。
生命力のすごさを感じる風物詩でもあります。

今年は新型コロナウイルス対策の影響があり、本館喫茶室は臨時休止していますが、この時期、ここから眺める緑は格別なのです。

まるで森の中にいるかのような臨場感。この場所が好きで通ってこられるお客様が多いのも納得です。
(実は文学館の職員もここが好きです)
見本林のロケーションを満喫できるスポット、どうぞお楽しみください。

関連記事

  1. がんばるねえ、葉っぱちゃん。

  2. 本館ホール

  3. あなたの“物語”を呼び起こす

  4. 神居古潭(かむいこたん)石